FC2ブログ
ガールズアンドファイト!!
~Written by Anisan Felix~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
とある温泉で 後編 展開B
場所を変えて二人は温泉の中で向かい合った。
お湯の高さは膝の位置近くまであり多少歩きづらい。

瑞穂 「私の体でどっちが上か教えてあげる」

楓 「そのセリフ、そのままアンタに返すわ」


頭に血がのぼった二人は相手の胸めがけて手を伸ばし胸をわし掴もうとした。
しかし相手の胸が余りに大きいうえ、蒸気で胸が濡れているため掴みきれず意地になって何度も掴もうとする。
それが相手の胸を揉むような感じになる。

瑞穂 「あぁん、やめてよ、うぅん」

楓 「はぁぁん、ふぅぅん、そっちこそやめてよ」

胸を揉まれたことのない二人には耐え難い快感だった。
はぁはぁといいながら掴もうとするが掴めない胸に苛立ちさらに掴もうとするするうちにコツンとお互いのおでこがぶつかった。
反射的に顔を上げると唇と唇が磁石のようにくっつき合う。

瑞穂 楓 「「ふぁっ!?」」

余りの柔らかさに声を上げてしまい、目が合うと恥ずかしさにお互い真っ赤になった。

瑞穂 「キスぐらいで感じるんだ。子供みたい。私の体でイかせてあげるよ。」

楓 「キスされると恥ずかしがるんだ。かわいいんだね。私のからだでイかせてあげよっか。」

お互いに恥ずかしさを隠そうと皮肉を言い合ったあと、唇を奪い合い背中に手を回した。
二人は自分はなんともないという風にしているが、先程見つめ合った時に意識してしまい体が敏感に感じて甘い声をあげてしまう。
胸の柔らかさでお互いいってしまいそうになるため二人は他の場所に注意をそらそうとした。
お互い体を押し付け合ったまま回していた手をグーにして相手の尻を思いっきり殴りあった。
対して力は入らないため、尻にはダメージはないが尻を殴る度に股間同士がぶつかり合いさらに感じてしまう。

瑞穂 「あんた股間濡れてない?はぁぁん、感じてるんでしょ?」

楓 「うぅん、はぁはぁ、汗で濡れてるのよ。そっちこそ感じてるんでしょ?」

そう言い合いながらも二人の体は闘い続ける。
唇同士は吸い付き合い、乳首同士はコリコリと擦れ合い、乳肉は相手の乳肉を飲み込み合い、尻を殴る度股間がぶつかり合う。

瑞穂「はぁ、ああああ!?はぁ!あああ!??」

楓 「あっ!あぁぁぁ!はぁ、あああ!!?」

何度も軽くイってしまうが二人共イってしまうのに我慢するのが精一杯で相手がイっているのに気づかない。
そして乳首同士が真正面からぶつかり合うと絶頂に達してしまった。

瑞穂「はぁはぁ、負けたの・・・?」

楓 「はぁっはぁっ、そんな負けた?」

しばらく呆然自失になっていたが、不意に顔を上げると勝ち誇っていると思った相手が呆けた顔で自分を見つめていた。

瑞穂 「なによ、私の体でイっちゃってんじゃない。さっさととどめさしてあげるわ」

楓 「イっちゃったのはアンタでしょ。完全にイかせてあげるから覚悟して」

二人は再び相手に抱きつくが、イったばっかりのため足がおぼつかず、お湯に足を取られて足が絡み合いまたこけてしまった。
尻餅を着いたが、その状態で相手再び相手に抱きつき胸を押し潰そうとしたが、胸より先に他の部分がぶつかり合った。

瑞穂「ふ?あっきゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!?」

楓 「ん?はわぁぁぁぁぁぁっ!!あっはぁぁぁぁぁぁっ!!!?」

最も敏感な股間同士がぶつかり合い貝合わせの体位になった。
しかしイったばかりで頭が回らず、なおも抱きしめ合おうとするため、股間同士が深く食い込み合う。

瑞穂 「ああん!あきゃわん!!?」

楓 「むわぁぁ!あんっ!あんっ!」

心ここにあらずという感じでイカせあっていたが不意に片一方の体がお湯に落ちた。

「ぶくぶく・・、がぱっ、はぁはぁ」

瑞穂 「はぁはぁ・・・、私、勝ったの・・・?私勝ったんだ!」

しかし瑞穂も限界に近く、楓が起き上がると股間同士が再びぶつかってしまいお互いイってしまった。

その後二人はお互いの体に溺れてしまい、バイト後何度もイカせ合ったが勝負はつかなかった。
スポンサーサイト
[PR]

とある温泉で 後編 展開A
二人は手を四つにして取っ組み合った。
お互いに一歩も引かない状態が続く中、楓が瑞穂に提案した。

楓 「このまま取っ組み合ってもいいけど、今までの決着をつけない?」

瑞穂 「いいわね。その憎たらしいお尻を私のお尻で押し潰してあげるわ」

そう言ってお互い絡めていた指をほどいて、背中合わせになった。
そして思いっきり体を反らした後、相手に向かって勢いよく尻をぶつけた。


バッチーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーン

瑞穂 「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁ、いったーーーーーい!」

楓 「きゃぁぁぁぁぁぁぁぁ、痛いよーーーーー!」

生尻同士が二人の体の真ん中辺りで激しくぶつかり合い、相手を体ごと弾き飛ばした。
尻の間に隔てるものがなくなったため、ぶつかり合った瞬間平手打ちの何倍もの痛みが二人の尻に襲い掛かった。

瑞穂 「このぉ!」

楓 「負けるかー!」

それでも二人は全く引かず、腕を絡め合わせて何度も尻をぶつけ合った。

バチン!

瑞穂 「きゃぁぁ!」

バチン!

楓 「うぅん!」

バチン!

瑞穂 楓 「「うぁぁ!」」


三十分近くぶつけ合い二人の尻は真っ赤に腫れ上がった。
二人共余りの痛みに耐え切れず涙が溢れ出すが、それでもお互い尻を突き出し続ける。
しかし二人共どちらが勝っているのか分からないまま闘い続けるうちについに心が折れぶつけるのをやめて尻同士で押し合いはじめた。

瑞穂 「ぐすっ、もうさっさと降参してよ」

楓 「そっちが、ぐすっ、降参すればいいじゃない」

二人共べそをかきながらそれでも相手の尻を押し続ける。
尻同士を密着させていると、暑さも相まって汗をかき始め不意に二人の尻が滑り合った。

瑞穂 楓 「きゃぁぁぁ!」

お互いの右の尻たぶが尻の割れ目に差し込み合う状態になった。
そのまま押し続けていると尻が裂けてしまうような痛みが二人を襲った。
これだっ、と思った二人は相手の割れ目に向かって右の尻たぶをぶつけにいった。
押し合う時と違い、勢いよく押し込むためほんとに裂けてしまうのではないかというほどの痛みだった。

瑞穂 「やめてよー、ぐすっ、裂けちゃうよぅ」

楓 「ぐすっ、ふえぇん、お尻割れちゃうよぅ」

涙を流し、尻同士をぴったりくっつけ合う。

そして再び尻同士を真正面からぶつけ合い始めた。
既に真っ赤だった尻がさらに真っ赤になる。
余りに強くぶつけ合っているため内出血しているようだ。
もちもちした弾力で相手の尻肉を跳ね返していた頃と違い、張りがなくなってきたためダメージが骨の髄にまで届き足も震え始めた。
決着をつけるため申し合わせるように一瞬尻を触れ合わせる。
そして、思いっきり体を反らせた。

バッチーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーン!!!!!!!!!!!!

渾身の力で最後の一撃を相手にぶつけ合った。

「きゃぁぁぁぁぁぁ、痛い、痛いよぉ」

一方のお尻が相手の尻を弾き飛ばした。

楓 「ぐすっ、はぁはぁ、痛い、けど勝ったんだ」

尻相撲の勝者は楓だった。
しかし楓も余りの痛みに手で尻を押さえなんとか耐えていてどっちが勝ってもおかしくない闘いだった。
楓も崩れ落ち、前かがみに倒れると尻同士がくっつきぷにゅぷにゅとした感触をお互いに感じ合う。
それは何とも言えない柔らかさだった。

その後二人はお互いに認め合い勝ったり負けたりの闘いを繰り返しながらバイトを続けていった。
とある温泉で 前編
瑞穂は高校二年生。アルバイトをしなければならなくなり、下校後にすぐ行ける田舎町の温泉で受付をすることになった。
シフト制で月曜から水曜の間、もう一人の人と二人で男湯女湯別々に入場券をチェックするのが仕事だ。
閉店後に風呂掃除をしなければならないが、その前に入浴してもよいという特典つきである。
しかも管理人が確認しに来るのは次の日なので好きなだけお湯に浸かることができる。
抜群のスタイルを誇り、なおかつ美容に気を遣う瑞穂にとっては最高のバイトだ。
そして今日が初日であり、同じシフトの人との初顔合わせである。
同い年の高校生らしいので友達になれたらいいなと思いながら瑞穂はバイト先へと向かった。


到着した温泉は江戸時代からずっと建っている歴史ある建物で経営されていた。
建物はとても小さく入口が男女別々になっており入口の間にある受付で入場券を渡すようになっていた。
しかしその受付がとても狭いのだ。
二人でチェックするので背中合わせでの作業になりそうだが、瑞穂のスタイルを考えると瑞穂一人でも十分窮屈な程の狭さである。
そしてついに顔合わせである。


瑞穂はかなりイラだっていた。
一緒にバイトをする楓は性格はいいようだが瑞穂とは全くそりが合わず、たった数分間で犬猿の中になってしまった。
しかも瑞穂とまったく引けをとらない抜群のプロポーションを誇っており、その点も瑞穂を苛立たせた。
しかしイラだっているのは楓も同じであろう。
なぜなら先程から、一人入るだけでさえ窮屈な受付所で二人は太もも、尻、背中を密着させた状態で一時間以上立ちっぱなしなのである。
特に尻同士は先程からお互いに自らの弾力を主張し合うかの様に弾き合っている。
瑞穂が疲れて前のめりになった瞬間、楓は弾き飛ばされ自慢の爆乳を台に思いっきり打ち付けてしまった。
楓は瑞穂がわざとやったと思い同じように瑞穂にやり返した。
それ以来二人は客がしばらくいなくなると、口喧嘩をしながら再び客が来るまで尻同士を何度もぶつけ合った。
しばらくして温泉から客が出てき始めたので、今のようにぴったり密着して静かに押し合っているのである。


そうして梅雨で雨が降り続く一ヶ月の間、バイトの度の尻相撲を我慢しながら二人はバイトを続けた。
終われば気に食わない体の気に食わない女と一緒ではあるが、ゆっくり天然温泉に浸かれるので、二人はこのバイトを辞めようとは全く思わなかった。
しかし次の月である。
二人はとうとう我慢できなくなった。
原因は夏の暑さである。
蒸し暑い部屋の中で思いっきり密着し合っているため、汗ぐっしょりになってしまう。
あまりの暑さに二人は尻相撲をやめ、尻の位置を互い違いにして少しでもスペースをつくろうとしたが、お互いに相手の尻の形を自分の尻で感じ合とって変な気分になってしまい、その感触を打ち消そうと再び尻同士で押し合う状態に戻ってしまった。
もう一つ原因がある。
それは相手自身である。
二人は自分のスタイルに自身をもっていた。
それは尻に対しても同様である。
それなのに一ヶ月もの時間がありながら自分の自慢の尻は相手の尻を押し潰すことができないままなのである。
そして怒りが頂点に達したその日・・・



瑞穂 「楓ちゃん、すっごく邪魔なんだけど」

楓 「瑞穂ちゃんこそ、ほんとに邪魔なんだけど」


温泉が閉まり浴場へ向かう間二人は尻同士を押し付け合って歩いていた。
そして狭い更衣室に入ると、二人は背中合わせになって服を脱いだ。
そしてパンツ一枚残して振り向いてチラリと目を合わせた。
そして前かがみになってパンツを下ろしながら、自分の尻を相手の尻に向かって思いっきり突き出した。

ドーーーン!二人はロッカーに思いっきり体をぶつけた。

そして立ち上がりざま相手に向かって飛びかかった。
空中で二人の体がぶつかり合った。
おっぱい同士がぶつかり合ったが相手を弾き飛ばせないまま地に足がついた。

瑞穂 「今日という今日は許さない!二度とここに来れない体にしてやる!」

楓 「それはこっちのセリフよ!さっさとケリつけてあげるから次の仕事さがしなさいよ!」

売り言葉に買い言葉。
二人の闘いがついに始まった。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。