FC2ブログ
ガールズアンドファイト!!
~Written by Anisan Felix~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リゾート地での決闘~意地と巨乳のぶつかり合い~ 後編
七海「はぁ、はぁ」

夏帆「ぜぇ、ぜぇ」

体を重ね合って息を整える二人。
息をするたびにお互いの胸が押し合って気持ち良くなってしまうが、何とか落ち着こうとする。

バタッ!

重ね合っていた体を離し七海の隣で倒れこむ夏帆。
息を整えようとしたその時!

ぐにゅうううううううううううううう!!!?

夏帆「きゃぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!?!?」

七海「ううん!?はぁ!!つぶれろぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!」

夏帆の上に七海が覆いかぶさり夏帆の巨乳を七海の巨乳がプレスする。

夏帆「あああああああああああああああ!?!???」

グニュ!!グニュ!!グニュ!!

押し込まれ何度も変形する夏帆の乳房。
七海も苦しいが着実に夏帆の乳房を潰していく。

七海「あああ!?さっさと潰れてぇぇぇぇぇぇ!!」

夏帆「んんんん!!?負けるわけには!!んああ!!?いかないのよぉぉぉぉぉぉ!!」

七海「はあああああああああああああああああ!!?!?」

ぐにいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!????

夏帆が体を揺すり小刻みに乳首と乳首を擦り付け合い始めた。
コリッ、コリッっと乳首がへし折り合う度にお互い甲高い声を上げる。
上からの圧迫から逃れるための苦肉の策。
圧迫による痛みと乳首から来る快感のダブルパンチを歯を食いしばって耐える夏帆。
その努力が実り・・・

七海「あっはああああああああ!!?ダメええええええ!!?」

快感に耐えられなくなり夏帆の上から離れる七海。
お互いに一回ずつ上から潰し合うも未だに相手の巨乳を潰すことができずにいる。
状況を変えるため夏帆はある提案をした。

夏帆「このままじゃ長期戦になっちゃうわ。さっさとケリをつけない?」

七海「確かにそうね。なにか提案でもあるの?」

夏帆「あそこに救命用のプラスチックの浮き輪があるでしょ?あれの中でのデスマッチなんてどう?」

七海「いいわね。お互いに逃げられない状態ならすぐに決まりそうね。」

この選択が二人の勝負の行方を決めた。
浮き輪を取るとプールに入り、足から一緒に浮き輪の中に入ろうとするが・・・

夏帆「んんん!!もうちょっと詰めてよ!」

七海「あんたこそ!窮屈なのよ!」

浮き輪はもちろん一人用。
しかもプラスチックなので伸縮もせず、二人の身体に何度も突っかかる。
上半身が密着していき、相手の体の感触に耐えながら徐々に上に持ち上げていき、やっと脇の下に位置した頃には・・・

夏帆「ぐえええええええ!!?離れて!!息があああああ!!?!?」

七海「そ、そっちこそ!!?うええええええ!!??胸が締まるうううううう!!???」

浮き輪が完全にフィットしてしまい外すことができなくなってしまった。
しかも小さな穴の中に二人の身体と巨乳が押し込まれ、身体と浮き輪で逃げ場が無くなった巨乳が限界以上に圧迫されあい尋常じゃない潰れ方をしている。

夏帆「ぐぎいいいいいいいいいい!!?潰れるうううううううううううう!!?!?」

七海「ぎあああああああああああ!?!潰されるううううううううううう?!?!?」

胸が破裂してしまうのではないかという程上へと浮き上がり、今にも弾けそうだが実際それ程までに潰れ合っていては双方無事では済まされない。
無意識のうちに唯一この状況から逃れる方法を確信し、実行した二人。
それはこの闘いをさらに悲惨なものにした。

ぐにいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!

夏帆 七海「いがあああああああああああああああああああああああ!!??!?死んじゃううううううううううううううううううう!?!?!?!!?!?」

なんと二人は相手の巨乳を完全に破壊する以外逃れる術はないと考えたのだった。
ただでさえ無理に潰れている胸にそんなことをしたらどうなるか。
結果はすぐに証明され始めた。

ブチブチブチブチ

二人の胸の中の血管が切れ、内出血を始めた。
胸の表面の皮もいつ破れてもおかしくないほど張っている。
そして・・・

ぶっしゃああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!

夏帆「いあああああああああああああ!!!??」

七海「なあああああああああああああ!?!?!」

二人の胸が真っ白に染まる。
余りにおかしな力をかけすぎてしまったため母乳が吹き出し始めたのだった。
乳首同士が母乳を吹きかけ合い、その余りの勢いに乳首同士がチクチク痛み出す。
しかし二人はそんな小さな痛みを気にする余裕はなかった。
うげああああ、と先程から言葉にならない声を上げ続ける。
真正面からぶつかり合っていた乳房は悲惨なほど潰れてもまだ意地を張りあい何とか生き残っていた。
しかし全く同じ大きさの物同士が潰しあえばどちらも無事に済むわけがなくついに限界がきた。

ぶっちゃああああああああああああああああ!!?!?!?

「「はぎゃあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!?!?!?!?!?!?!?!?!??!」」

断末魔の叫びと共に失神する二人。
真っ白な母乳にコーティングされた鮮血に染まったような赤みを帯びた二人のかっての巨乳は乳肉はボロボロに砕け散り、血管はズタズタにされていた。
その夜、プールの白く染まった部分に浮いている二人を警備員が発見し、無事治療されたがその巨乳はペチャンコになり時たま母乳を垂れ流してしまい完全に壊れてしまった。
彼氏はどうしたかというと、別の女の子に乗り換え二人から去っていってしまった。
二人は相手に逆恨みし、部屋を二人で借りてその中で毎日壊れた胸で未だどちらが上かあの浮き輪を使って争い続けるのだった。
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
リゾート地での決闘~意地と巨乳のぶつかり合い~ 前編
夏帆「さっきのは何よ!私の彼氏に手出さないでくれる!」

目の前にいる一人の女の子に向かって、可愛い顔を歪めて鬼の形相で怒鳴り散らす夏帆。
今年大学2年になり、最近できたイケメンの彼氏とリゾート地に観光に来ていた。
その彼氏は少しチャラい所が有り、夏帆のかわいい顔と零れ落ちるような巨乳目当てで近づいてきた感があり、夏帆もまだ完全に信用はしていないが感じがいいところもあり気に入っていた。
しかしリゾート地に到着後、少し目を離した隙に七海という自分と同い年の茶色いロングの髪の毛の巨乳の女の子を口説いていたのである。
初めは七海は少し怖がっていたが彼氏の抜群のトークセンスにすぐに惹かれてしまったようでこのリゾート地で共に過ごすことになってしまった。
イライラしながらも我慢していた夏帆だったが、先程、夏帆がトイレに行って帰ってきたところに七海が彼氏にキスをせがんでいる所を目撃し二人に詰め寄った。
二人が彼氏にどちらを選ぶのか詰め寄ったところ、自分には決められないという優柔不断ではた迷惑な返事を返してきた。
こんな男さっさと見限ってもいいと思った二人だったが、先に引くと目の前にいる女に負けを認めた気がして一歩も引かない。
二人で言い合っているうちに彼氏が可愛くてスタイルがいい方と付き合いたいなどとのうのうと抜かしてきたのである。
この発言は二人の争いに油を注いだ。
ではどちらの容姿が優れているかで決めようということになり、彼氏が是非自分の部屋でなどと言ってきたがその要求をはねつけ、小さなプールを貸し切って二人だけで決着をつけることになった。

そして今の状況である。
夏帆がまくし立てているが七海も全く引かずに言い返しお互いの顔に唾を飛ばし合う。
腰に手を当て、額と額突き合わし、鼻先も合わせての言い争いだが平行線をたどり結局どちらの胸が大きく綺麗であるかを競うことになった。
それぞれ自分の自慢の巨乳を包んでいるビキニを外すと、形の綺麗な透き通るように白い大きな乳房が姿を現した。
同タイプで色もほとんど変わらず乳輪の大きさ、乳首の色、突き出し方や位置まで同じと鏡に写合わされているかと思わせるほど似通っており、どこをどう比べればいいのか少し困惑する二人。

七海「・・・・ほら!私のおっぱいの方が少し色が綺麗じゃない?私の勝ちよ!」

夏帆「ど、どこが!全く同じ色よ!それより乳首見なさいよ!あんたの方がちょっと黒いわ!」

七海「あんたのと私のの何が違うって言うの!色も形も一緒よ!けど私の方がほんのちょっと大きいわ!」

夏帆「どこに目つけてんの!私の方が気持ちちょっとだけ勝ってるわよ!」

余りに似てしまい過ぎて相手の胸を全否定できず戸惑ってしまう。
それ程までにはたからはどちらが優れているか見当がつかないほど似ている二人の巨乳。
ブラのサイズはGカップと数字上はどちらの大きさも同じである。
その後も延々と自分の巨乳のどこが相手より優れているかをアピールし合うがお互いに決定打に欠け、イライラだけが募っていく。
お互いに相手より優れている所がないかおっぱい同士を並べて品定めしているうちに正面で向かい合わせになっていた乳首同士が何かの拍子でお互いにボタンを押し合うようにぶつかり合って乳肉の中に沈んでいった。

夏帆「ああああん!?」

七海「はああああ!?」

突然の出来事で甘い声を漏らしてしまう二人。
そしてどうやって決着をつければいいかを二人は同時に悟った。

七海「そっか!私の胸であんたを気持ち良くさせてその胸を潰せば早かったわ!」

夏帆「気が合うわね!私も同じ事考えたわ!私の胸の方が優れてるってことをあんたに分からせてあげる!」


七海「ううん!?」

夏帆「はあん!?」

ゆっくりと抱き合うと二人の口から甘い声が漏れる。
乳肉と乳肉が柔らかく潰し合い溶け合うように合わさると何とも言えない快感が二人を襲い足の力が抜け膝が震え始める。

七海「あ・・・あ、胸感じやすい・・・ああ!?」

夏帆「・・・ん、・・そ、そっち、あああ!?・・・こ、・・そ。」

始めて異性と裸で胸をくっつけ合った二人だったが自分の弱点が自分の一番自慢の部分だったという事実を知ると同時に、その余りの快感にすぐにでも離したくなる二人。
しかし女としての意地がそれを許さずそれならば先に逝かせるしかないと胸同士を少しずつ擦り付け合い始める。
乳肉の中で乳首同士が絡み合うと・・・

ぶしゃぁぁぁっ

夏帆「ああああああああ!!?」

七海「んあああああああ!??」

股間から潮を吹き崩れ落ちる二人。
ハァ、ハァと息を整えながら、少し触れ合わせただけで逝ってしまったことに思わず恐怖を感じてしまう二人。
しかし負ければ女の意地が廃るため引くわけにはいかず再び相対すると今度は勢いよく胸と胸をぶつけ合った。

夏帆「ふぐぅ!?」

七海「ひぅう!?」

今度は真正面から押し合わせ、体を前に前にと進ませ相手の胸を押し潰そうとする。
同じ位の背丈のため、上から潰そうと背伸びをしてつま先立ちになるが結局同じ位の高さでの潰し合いになる。
歯を食いしばって快感に耐えながら潰し合っていたがつま先立ちに耐え切れなくなり七海が押し倒されてしまう。

七海「はぁあ!?あ!あああああ!?」

夏帆「んんん、つ、ああ!?潰れろおおお!?」

下にいる方は圧迫による痛みと胸の気持ち良さに耐え、上にいる方も相手の胸の柔らかさからくる快感に歯を食いしばって我慢しながら押し潰す。
そのうち下にいる方が耐えられなくなり・・・

七海「いあああああああああああ!???ダメェェェェェェェェェ!??!?!」

ぶっしゃああああああああああああああああ

快感と痛みのダブルパンチに逝ってしまう七海。
しかし相手の胸を潰すまでが勝負であり上から胸を圧迫し続ける夏帆。
しかしいくら押しこんでも跳ね返されるため業を煮やし相手の胸を擦り潰すように擦り付け始める。

夏帆「んん!あ・・・ああ!!はああ!?ああああ??ううう!!」

ひたすら擦り付けるが、気を失ってもピンと勃ち続ける相手の乳首と先程までの闘いで尖った棘のように突きたった乳首が擦り付け合わされ何もされてないのにもかかわらず潰せぬまま限界に近づいていく。

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

夏帆が苦戦しているうちに徐々に意識が覚醒し始める七海。
快感の後遺症で体が思うように動かないが目の前の敵は自分の胸を潰そうと悪戦苦闘しており、七海が意識を取り戻したことに気づいていない。
意識が戻り始めたばかりでまだ刺激を感じる感覚が鈍くなっている。
あまり言う事の聞かない体を鞭打ち夏帆の乳首に自分の乳首を擦り付けた。

夏帆「い・・・ぐぅう!!あ!?あ!?ん・・・!???、!、いああああああああああああああああ」

ぶっしゃああああああああああああああああ

今度は夏帆が潮を吹いて逝ってしまった。
しかし七海も意識を取り戻したばかりで夏帆を自分の上からどかせるだけの力はない。
意識を失っている夏帆に対する七海の反撃が始まるのか?
それとも七海が何もできないまま夏帆が先に意識を取り戻すのか?
続く・・・




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。