FC2ブログ
ガールズアンドファイト!!
~Written by Anisan Felix~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
短編アイデア募集!
こんばんわ!
お疲れさまです!
ただいま長編の続きと別の小説を書いていました。
長編の方はいいところまではいったのですが文字数的に量が少ないのでもう少しつけたしたものを上げるのでしょうしょうお待ちを…ちなみにですが内容は少し変わったレズバトルになってるはずです。(たぶん…)
もう一つの方はpixiv内のマイピクの方の作品を文字にさせてもらったものなので公開するかどうかは許可待ちなので不明です。
公開する場合はpixivのみの投稿になると思います。
そしてお願いなのですが短編のアイデアを頂けないでしょうか?
長編を書いているとちょくちょく集中力を切らすので気分転換で短編や未完の作品の続きを書いているのですが最近中々良い話の筋ができなくて困ってます。
何かシチュエーションが同じようなものばかりになっているような気がしたので普段の自分の小説にないようなストーリーや違うカテゴリーを頂けると嬉しいです!
是非ともお願いします!
最近異常に小説に時間を費やしているのでそろそろ生活に支障をきたしそうなのでペースは減ると思います。
7月はリアルの生活上書けない可能性が高いので長編6月中に倭の国を終えることができるよう頑張りますので応援よろしくお願いします。
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
初めて
長編、感謝小説の続きではありませんすいません。
昔の小説やチャット、掲示板の過去ログなどを読んでいるうちにいくつかの小説に影響されてキャットファイト小説の正統派の一つ(まあ自分が勝手に思ってるだけですが)女子高生巨乳対決の短編を書かせてもらいました。
自分が最初に掲載した小説もこのジャンルなので初心に戻った感じです。
あれからどれだけ成長したか楽しみです。
もしお時間があれば自分の初の投稿作品であるおっぱい対決を読んで昔と今を比較していただけると幸いです。
一応pixivのものですがリンクをつけさせてもらいますのでよろしければ、当ブログ内にもありますのでよろしくお願いします。

http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=2210724

お気づきの点や昔のものにはあった良い部分などがあれば教えて頂けるとありがたいです。コメントよろしくお願いします!
[初めて]の続きを読む
ブログ名決定!!感謝小説!
こんばんわ、お疲れさまです。
以前募集したブログ名ですがサブ赤さんのガールズアンドファイト!!に決定しました!
たくさんいただいてすごく迷いましたがシンプルなこの名前を頂きました!
本当にたくさん案を出していただき本当にありがとうございます!
一応三月の時点で決まってたんですがリクエストの小説がなかなか良いものが書けなかったので、どうしようか考えながら長編をいろいろ決めてたのですが昨日急にアイデアが降ってきたので書かせてもらいました。
遅くなって申し訳ないです。
今日でいっき書きしようと思ったのですが時間切れでした。
続きはできるだけ早く上げますので少々お待ちを…
たくさんの応募本当にありがとうございました!

そして話はかわるのですがさくらさんがブログを休止されましたね。
自分はさくらさんに影響されて小説を書き始めたので感謝しかないです。
とりあえず自分はもうしばらく続けるとは思いますがもしかしたら長編が最後かもですね。
一気に全部出してしまいそうなので。
ネタが厳しいかもです、なんにもわからないですけど。

自分がこうやって小説書いてる理由はほかの方の小説が見たいからというのが唯一の理由です。
最近pixivに上がってくる小説やクローさんの長編のクライマックスがめちゃくちゃ楽しいんですよ!
自分のは妄想の段階ではそれなりに興奮するんですけど、書いたり後から読み直してもあんまり興奮しないんですよ。
文才の差ってやつですかね?
このブログに毎日100人以上の方に訪問していただき本当に感謝しているのですがそういう方々が少しでも興味を持っていただいて小説書いてみようかな?とか思っていただけるとこの上ない喜びです。
さくらさんが復活するまでは投稿小説の受け皿の一つになろうかなと思っているので興味を持たれて書かれた方は言っていただけると嬉しいです。

長編はとりあえずファイナル以外は全て決まっているので割と順調です。
その間になにか浮かべば合間合間に短編を入れる感じです。
toHeartとコンプレックスもまだ考えているので待たせてる方にはできるだけ早く上げるので少々お待ちを…
申し訳ないです。
今書いてるのを含めて17作書いてるんですね。
どれも最後のツメが甘い(笑)
できるだけ続けていけるよう頑張るのでお暇があれば読んでいただけると嬉しいです!
長文ありがとうございました!
似た者同士の決闘
こんばんわ!
ブログ名感謝の小説です!
詳細は次の記事で書きます!
コメント是非ともお願いします!
[似た者同士の決闘]の続きを読む
ロロVSララ
続きです!
コメント、感想よろしくお願いします!
[ロロVSララ]の続きを読む
倭の国の侍
ONE PIECEより先に倭の国編です!全然関係ないですね!笑
[倭の国の侍]の続きを読む
新シリーズ
おはようございます!
昨日の続きを上げました!
まだ読んでない方は読んでからこれを読んでいただけるとネタバレにはならないと思います。
[新シリーズ]の続きを読む
暴君の町
昨日の続きです!
[暴君の町]の続きを読む
旅立ちの朝
「お姉ちゃん頑張って!」

「もちろん!勝って美味しいもの食べさせてあげるからね!」

闘技場のある街、ジルベストル。
ここは女同士の闘い、逝かせ合いが盛んな街のひとつだ。
この世界には女性しか存在しない。
基本的には労働で生計を立てている者が多いが、戦士という一風変わった職業がある。
戦士を志した者は登録機関にてカードが渡され、そこに身分証と自身の賞金額が示されている。
身分証を持つ者同士で闘い、勝利した側は記載されている相手の額の半分を手に入れその分がカードに加算される。
一方負けた側はその額が引かれ、0になることはないが余りに低い額になると金にならないため対戦者に敬遠され、最悪の場合戦士業を廃業となってしまう。
もちろん闘わなければお金を稼ぐことはできないため、必然的に闘いに追われる生活を送らねばならない。
しかし強くなれば強くなるほど手に入る額が大きいため、たくさんの女性が戦士登録をしているのである。

闘技場の控室で話している姉妹ももちろん戦士であり、姉のエレノアは上級戦士であり高いレベルの相手と常に闘う一方妹のエレナはまだ見習いでありカードは持っていない。
エレノアは今から自分と全く同格の黒族の女性と闘うことになっている。
黒族とはこの世界にいる種族の一つである。
姉妹は白族であり黒族とは常にライバル関係にある種族である。

エレナ「お姉ちゃん!黒族なんかに負けちゃだめよ!」

エレノア「わかってるわ。それに今日の相手はただ黒族っていうだけの因縁じゃないから。」

エレナ「えっ!?お姉ちゃん今日の相手と知り合いなの!?」

エレノア「ええ。彼女とはあなたが生まれる前に会ってるの。……お母さんの仇の子なの。」

エレナ「…え、どういうこと?」

エレノア「私が子供のころ、この闘技場でお母さんと相手の子のお母さんが闘って、激しい死闘の末相討ちで息絶えたの。」

エレナ「……」

エレノア「それで私、その子と約束して今日、この日に決着をつけることを決めてたの。」

エレナ「……大丈夫なの?」

エレノア「…ええ、闘技場はアイテムを一つ持って行っていいでしょう?私はこれを持っていくの。」

エレナ「あっ!それお姉ちゃんがいつも首にかけてた小瓶…!」

エレノア「対黒族用の媚薬。これを相手の肌に一滴でも振りかけられれば…私の勝ちよ。」

エレナ「……負けないでね、お姉ちゃん!」

エレノア「ええ!じゃあ、行ってくるわね!」


闘技場の姉の登場ゲートの最前列に陣取るエレナ。
姉の登場はまだだが、お姉ちゃーん!とすでに声を張り上げて応援している。
するとエレナの反対側の客席からも全く同じ声援が聴こえてきた。

エレナ「ちょっと!誰よ!私のお姉ちゃんの方が強いんだからね!

???「そんなことない!私の姉貴の方が強いんだからな!」

エレナ「なによ!」

???「おまえこそ!」

フィールド挟んで睨み合っていると、ついに二人が現れ、闘いが始まった。


エレナ「はぁ、はぁ!どうなってるの!」

エレナの予想では姉が媚薬を浴びせ終始姉のリードで勝負は決するハズだった。
しかし現在、姉と相手の女の二人が激しく悶えながら絡み合っている。
それもお互いの性技で苦しんでいるのではなく相手の身体が当たる度に激しく奇声をあげている。
これはおかしいと思ったエレナは先ほど睨み合っていた少女が相手の妹だと気づき、問いただそうと向かっているのだった。

エレナ「はぁ、はぁ、早くしないと…

「「きゃあ!!!??」」

夢中で走っていたため意識が前にいかず真正面から走ってきた黒族の少女と真正面から鉢合わせしてしまい、もつれ合いながら転んでしまった。

エレナ「いったーーい…あ!?あんた!私のお姉ちゃんにあんたのお姉ちゃんが何かしたでしょ!」

???「それはこっちのセリフだ!対白族用の媚薬でイチコロのはずだったのに・・・」

エレナ「なっ!あんたたちも持ってたの!」

???「あんたたちってまさか…!!?…うわあああああ!」

ゴスっ

その少女は急に泣き出すと思いっきりエレナを殴った。

エレナ「痛いっ!?ちょっと!何すんのよ!」

???「はぁ、はぁ!対族用媚薬っていうのはな!めったに手に入らない毒薬で!使われた相手は快感でのたうち回ったと!死んじゃうんだよ!」

エレナ「……え、……そんな………うわあああああああああああああああああ!!!!!???」


闘いは二人の相討ちによる戦死ということで決着がついた。
闘技場では戦士を止めるような立場の人間はおらず、どちらかが降参というまで死ぬまで闘い続けるのがルールである。
しかし今回の闘いはどちらももはや理性が残っておらず、息絶えた時には余りの激しく絡まり合っており引き離せない状態にあった。

「「うああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!?????」」

激しい雨が降り注ぐ中、墓標の前の空き地で純白の肌の女の子と褐色の肌の女の子が全裸でもつれ合い、絡み合っている。
一人は白族のエレナ。
もう一人は黒族のノエル。
かれこれ一時間、お互いに泥だらけになりながらもまだまだ離れそうにない。
ぷにぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!
むにぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!
と二人の大き目の乳房がお互いにぶつかり合い押し合う。

エレナ「このおおおおおおおお!!!」

ノエル「くううううううううう!!?」

エレナの白い乳肉がノエルの褐色の乳肉を押し込めば、

ノエル「むうううううううううう!!!」

エレナ「いああああああああああ!!?」

ノエルの褐色の乳球がエレナの白い乳球を歪ませる。

「「うあああああああああああ!!!!??!」」

「「いなああああああああああ!?!?!??」」

ぎゅうぎゅうと二人のおっぱい同士がせめぎ合い相手の乳と混ざり合い二人の肌の色がブレンドされそうなほどである。

エレナ「ハァ、ハァ、私の方が強いんだああああああああああああ!!!!」

ノエル「ハァ、ハァ、私の方が上だああああああああああああああ!!!!」

全身という全身を絡ませ思いっきり締め付け合う。

ぎゅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ!!!!!!???

「「いあああああああああああああああああ!!!!!!!????」」

バタッ

バタッ

「「……はぁ、……はぁ」」

ついにお互いに動けなくなり締めつけをといて大の字になって隣り合う。

ノエル「…はぁ、…はぁ、…絶対に、絶対にお前を倒して姉貴の敵を取ってやるからな!!!」

エレナ「私だって、絶対にあんただけは倒してやるんだから!!!」

雨が上がった時には墓の前には誰もいなかった。
それぞれが、決着の日まで自分を高めるべく旅立ったのだった。

お久しぶりです!
ブログ名については少々苦慮しているのでしばらくお待ちください。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。