FC2ブログ
ガールズアンドファイト!!
~Written by Anisan Felix~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
微妙な関係
掲示板に投稿していた物が完成したのでアップしました!
この二人は再戦も予定しています!
読んでいただけると幸いです。
コメントよろしくお願いします!
梨華「あんた年下のくせにちょっと生意気過ぎないかしら?」

優亜「あなたこそ上司に向かってその態度はなんなんですか?」

とあるオフィスの一室で二人の女性が激しく言い争っている。
どちらもGカップはある巨乳に素晴らしいスタイルを持っているがいくつかの異なる点が見受けられる。

橘梨華は26歳で有名大学出身、この会社に入社していらいその優秀性とクールビューティーのような美貌で同期の入社社員の中でもダントツの出世頭だった。
もう一人赤星優亜は24歳で高卒ながらその愛くるしいルックスと仕事の熱心さで会社の社長に気に入られ梨華の上司として別の会社からヘッドハンティングされたのだった。

このような経歴もあり、優亜の入社まもなく二人は真っ向から対立した。
梨華は高卒でしかも他者から来たぽっと出の年下の下で働かされることに我慢ならず、また優亜も上司である自分に対して反抗的な態度を取る梨華に苛立ちを募らせていた。
また自分の身体にかなりの自信を持つ二人は比較される声を社内で聞くたびにライバル心を強くさせ、このオフィスで二人だけで鉢合わせした時、ついに昔年の思いを爆発させたのだった。

優亜「いい加減反抗的な態度を取るのをやめてくださいと言ってるんです!」

梨華「あんたこそ年上に少しは気を使いなさいよ!」

先ほどから二人の口論は平行線を保ったままであり、ヒートアップしてどんどん二人の距離が縮まっていく。
その時

むにゅ

梨華「……んん!??」

優亜「……あん!!?」

二人の身体の最も突き出ている部分、つまり二人の大きな巨乳同士が触れ合い微かに声を漏らし一瞬二人の口論が止まる。

優亜「………ちょっと離れなさいよ、上司命令です」

梨華「………年下なんだからあんたが離れなさよ、先輩命令よ」

どちらも全く引かず、胸を突き出し押し飛ばそうとするが

優亜「んああ!!?…ちょ、ちょっと!なんなんですか!」

梨華「はああ!??…そ、そっちが押してくるんでしょ!」

「そっちが!」 「あなたが!」

どちらも意地を張ったまま更に身体を押し付け合い、数分後には太ももが相手の股の間に入っていき、カッターシャツに包まれた二人の乳球は餅のように潰れ合った状態で押し付け合わされ、一本の棒のように絡み合ったまま意地を張り合う二人。
どちらも相手の身体に感じてしまい顔を真っ赤にした状態で睨み合う。

優亜「ちょっとおお、くっつきすぎですよおおお!!離れなさいいいいいい!!!!」

梨華「あんたこそおおおおお!!!レズなんじゃないのおおおおおお!!!!」

優亜「どっちがあああああ!!!」

梨華「このおおおおおおお!!!」

ぴとっ

その時ついに二人の鼻先までがくっつき合い、さすがにこれはと一瞬離れようとする二人。
しかし二人の意地がそれを許さず、お互いの鼻息をすい合うような状態で両者一歩も引かない。

梨華「息臭いのよおおおおおおお!!!このレズ女ああああああああ!!!」

優亜「レズはあんたよおおおおお!!!息吹きかけないでえええええ!!!」

ムチムチな身体からはついに汗も吹き出しカッターシャツにシミを作り出していく。
それでも二人の密着は止まらず、ついに相手の唇を感じ始める二人。

梨華「顔近過ぎるのよおおおおおおお!!!!離れてええええええええ!!!!??」

優亜「キスなんかしたら許さないんだからああああああああああ!!!!??」

しかしそれでも離れない相手。
唇と唇の距離が数ミリにも満たなくなりさすがにまずいと思った二人はお互いに突き飛ばし合った。

優亜「何しようとしてるのよ!このレズ女あ!」

梨華「こっちのセリフよ!レズ女あ!」

お互いにレズ女と呼び合いついに取っ組み合いの大喧嘩になろうかという瞬間

「部長いらっしゃいませんか~~~???」

廊下から優亜を呼ぶ声がした。
しばらくそのままの状態で睨み合っていたがプイと優亜がソッポを向いて部屋を出ていきその場は一段落した。


………………………


梨華(なんでアイツと同じ部屋割りなのよ!)

数日後、社内旅行の準備を終え、同僚の一人と会社までの電車を待つ梨華。
旅館は個室風呂付の結構良いとこなのだが優亜と相部屋という事実が梨華のテンションを大きく下げてしまっている。
欠席も考えたが優亜にひとりで個室風呂を満喫させることが気に食わず出席することにしたのだった。

「梨華ちゃん今日服装すっごくセクシーだね~笑」

梨華「えへへ、そうでしょ~」

この同僚はのほほんとして少々抜けたとこはあるが気の合う存在でありいつも一緒に通勤している。
今日の梨華は胸の部分が大きく開いた服を着ており、胸のボリュームも相まってたくさんの人間の目をくぎ付けにできる梨華のお気に入りの服だ。
やがて電車が到着し乗車する二人。
そこには…

優亜 梨華「!!!!!!!!!!!」

全く同じ服を着た優亜の姿が。

「あ~!部長おはようございます~!すご~い!二人ともおそろいだ~!」

優亜「何服かぶらせてるのよ!」

梨華「こっちのセリフです!」

同僚の前ということもあり一応敬語を使う梨華。
しかし内心腸は煮えくり返っており、それは優亜も同じである。

「すっごいセクシーだな~!胸の大きさも同じくらいでかいし~!」

「「!!?」」

優亜(何よ!私の方が大きいに決まってるでしょ!)

梨華(私がこんな奴に負けるわけないでしょ!)

梨華「えー、でも全く同じってことはないでしょー」

優亜「そうねー、どっちが大きいかなー」

棒読みのセリフと共にバチバチと火花を散らす二人。
巨乳同士も触れ合いそうな距離で意地を張り合うかのようにその肉感を存分に主張する。
同僚にどちらが大きいか二人が尋ねようとした瞬間

「お客様乗車しま~す」

いつのまにか電車は次の駅に着いておりたくさんの乗客が一斉に乗ってきた。

優亜「ちょっ!?」

梨華「きゃっ!?」

人波に押し流され身体を支えようと夢中で相手に抱き付く二人。
奥へ奥へと追いやられ、ようやく落ち着いたときには同僚は別の場所に流され、いるのは抱き合った状態で向かい合っているにっくき女一人。
二人の手の間で二人のおっぱいは均等に潰し合っており、その柔らかさと張りをお互いに伝え合っている。

優亜「ちょっとおっぱい押し付けすぎじゃない?」

梨華「あら、私のおっぱいが潰しちゃってるかしら?」

優亜「私のおっぱいが押し潰しそうだから危ないって言ってるの」

梨華「とてもそうは思えないけど?」

優亜「部下のくせにいちいち生意気なのよ」

梨華「後輩のくせに調子乗り過ぎでしょ」

「「…………………」」

ぎゅううううううううううううううううううううううううううううううううううう

どちらもこれ以上しゃべるのをやめ、相手の背中に回していた腕を強めていく。
目的の駅に到着するまで、二人はそのままの状態でお互いの胸を潰し合っていた。






優亜(なんでこんな奴と一緒に入らないといけないのよ!)

旅館の個室風呂で対角線上に浸かる優亜と梨華。
到着後、どちらが一番風呂かでひと悶着あり結局どちらも譲らず二人で入ることになってしまったのだ。

優亜(電車で黙らせとけば一人で優雅に楽しめたのに!)

電車での潰し合いは到着まで数分間しかなかったため決着はつかなかったが、どちらも深手を負ってしまい旅館に着くまでの観光では胸の痛みに耐えながら回らなければならなかった。
幸い痛みは消えたのだが、生意気な部下の胸も回復したようで胸を気にするようなそぶりは見せていない。
バスロープに包まれた相手の胸をじろじろと見ていた優亜だったが、視線に気づき顔を上げると生意気な年増女もこちらを見ていたようで視線を絡め合わせバチバチと火花を散らす。

優亜「あら?どうしたの?自分の胸を潰した私のおっぱいがそんなに羨ましい?」

梨華「それはこっちのセリフ。あんたの胸なんてブラのおかげで潰されなかっただけでしょ?」

優亜「言ってくれるじゃない?それなら今ここでどちらが大きいか比べて見る?」

梨華「いいわよ。まあ比べるまでもないと思うけど。」

そういってバスタオルを巻いたままの状態で浴槽の中央に近寄る二人。
どちらもまだ相手の生の乳房を見ていないため、若干の興奮と自分の方が大きいに決まっているという思いを持って相手の背中に手を回しバスタオルを剥ぎ取ろうとする。


むにゅう


その過程でお互いのおっぱい同士がバスロープ越しに触れ合ってしまった。
電車の時に比べより濃厚な相手の乳房の感触を感じ声を漏らしそうになる二人。

梨華「ちょっと!押し付けないでよ!」

優亜「あんたこそくっつけてるんじゃないわよ!」

言い合いながらバスタオルを剥ぎ取るとブルンと震えながら二人の美巨乳が姿を現した。

優亜(嘘……!!?)

梨華(思ってた以上に大きい……!??)

現れたライバルの想像以上に大きな乳房に絶句する二人。
形や大きさはほとんど変わらないロケットおっぱいだったが、タイプが若干異なっていた。
優亜のおっぱいは若さゆえか内側から押し上げられているかのような張りのある乳房であり、みなぎるような若さで張りつめている。
一方梨華のおっぱいは若干肉付きがよく、艶やかさと妖艶さを併せ持った相手を魅惑するような乳房である。
汗とお湯が滴っている二人のおっぱいは同じ状態でありながら別々の美しさを感じさせそれがまたお互いのライバル心をあおっている。
お互い相手の自分の持ってない魅力に嫉妬するとともに、相手の乳房に負けないまでもやりあえば相当なダメージを受けることは簡単に想像できどちらも牽制し合ったまま無言の状態が続く。
二人のおっぱいはすでに臨戦態勢に入っており、興奮でピンとたった状態で睨み合うかのように勃起している。


優亜「んっ!!??」

梨華「あっ?!!?」


その時急に二人の乳首が触れ合った。
同じ高さに合った二人の乳首が勃起した為にぶつかり合ったのだ。
感じてしまいながらも相手より先に離すのは癪だとくっつけ合った状態で相手の乳首を押しやり合う。

梨華「乳首擦り付けて…あっ!!…来ないでよ!…んっ!??……変態女!!」

優亜「…あんっ!??あなたこそどけな…ひぃっ??!…このレズ女!!」
二人の対決は乳首の突き合いで幕を開けたのだった。



……あっ!!?…………あぁん!?…はぁああ!!??………

木造でできた綺麗な浴室。
湯煙の中で二人の美女がとろけるような吐息を漏らしながら相手の乳首を払いのけるようにして擦り付け合っている。
水滴を先っぽから滴らせながら絡み合う二人のピンクの乳首は交差するたびに固くなっていく。
たった数センチしかない部分を触れ合わせているだけで雷が走るような刺激が全身に回る。
お互い相手がこんなむかつく相手でなければ今すぐにでも委ねたいほどの快感。
相手より先に逝くわけにはいかないと歯を食いしばり乳首同士を絡ませ合う。
余りに何度も擦り付け合ったためか、もはや自分の乳首と相手の乳首が区別がつかなくなるほど快感が身体を回ってしまっている。

優亜「ううううううううううう!!!?!??」

梨華「あああああああああああ!???!!?」

そして乳輪同士が触れ合い、初の絶頂を迎えた。
こんな女に逝かされたという屈辱で闘志は未だ衰えず指を絡み合わせ手四つの状態で取っ組み合う。

梨華「ずっと気に入らなかったのよ!あんたの胸なんかぺちゃんこにしてやる!」

優亜「部下のくせに生意気なのよ!私の身体で押し潰してやるんだからぁ!」

上半身を突き出し合うと二人の豊満なおっぱい同士もがっぷり四つに取っ組み合った。

むにィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィィ

おっぱい同士が餅のように潰れ合いながら相手の乳肉を押しのけあい潰し合う。
風呂の中央でどちらも動かないままひたすら胸を突き出しての意地の張り合い。
腕の力はとっくの昔になくなっており手は合わせているだけ。
一方二人の巨乳は均等に潰れ合ったまま拮抗し両者が身体をひねる度に相手の乳肉と反応し合いながらムニムニと形を変えていく。
そのまま十数分押し合ったが全く決着がつく気配を見せないため、一旦胸を突き出し合って相手と距離を取る二人。

「「…はぁ、…はぁ」」

息を切らせたまま至近距離で睨み合う二人。
そのまま距離を詰めていき身体をぴったりと合わせた状態となった。

梨華「乳首どけてよ!あああん!!?」

優亜「ううううん!!?股間擦り付けないで!!」

二人の性感帯は殆ど同じ位置にあるためお互いに触れ合い、刺激し合ってしまう。
しばらく身体での鍔迫り合いを行っていたがしびれを切らしお互いに相手の背中に手を回すと激しい締め付け合いが始まった。

梨華「ぐうううううううううううううう!!!!!?!??潰してやるうううううううう!!!???」

優亜「うああああああああああああああ?!??!?!??締め殺してやるんだからああ!!?!?!」

ムチムチの太もも同士がお互いの肉感を競い合い、股間は擦り付けられている相手の太ももで刺激され、乳房同士は腕に邪魔され逃げ場のない状況の中でほとんど平らになりながら相手の乳房を潰し合い、その乳肉の中では乳首までもが突き刺し合う形で意地を張り合っている。
オフィスでの締め付け合いと同じように二つの樹木がお互いを取り込もうと巻き付き合っているかのように絡み合う二人。
しかも生まれたままの姿で抱き合っているため、性感帯同士が直に重なり合いもはや我慢することもできず声を漏らし名が射殺すように睨み合う。

優亜(肉感がすごすぎるうううううううう!!???たった二歳上なだけでこんなに違うなんてええええ!!??!)

梨華(張りやばすぎいいいいいいいいいい!?!?!少し若いだけでなんでこんなに差があああああああ!!?!?)

相手の自分の持っていない部分の魅力を嫌というほど感じさせられる二人。
しかし余りに複雑に絡み合ってしまっているため自分から離れることは両者もはや不可能となっており、それがよりいっそう締め付け合いをエスカレートさせていく。
汗と湯気で湿った二人の巨乳は相手の乳肉に飲み込まれるようにして無残に潰されてしまっている。
オフィスでの闘いではギリギリのところで避けられた唇同士の接触もこれだけ近づき合っては避けることはできず、寧ろ女としての魅力を競い合うように強く押し付けられた状態で張り合ってある。
女同士の全身を使った意地の張り合いは余りにも激しく、融合しているかのように見えるほど密着した状態で甘い声だけ浴室に響かせた状態で殆ど動かないまま消耗し合っていたが…

ばっしゃぁぁぁぁんっっ!!!

ついにバランスが保てないほどにまでくっつき合ってしまい、肉塊のようになった二人は湯船に勢いよく打ち付けられた。


優亜「ごほっ!?ぐふぅ!!?あああ!!!」

梨華「がっは??いいあ!!うううう??!」

水を掃き出し顔中涙と鼻水まみれになりながらも、それでも相手に向かっていく二人。
先ほどの締め合いで真っ赤になりながらも依然形を保っている憎き女の目障りな乳房に向かって

ばっツぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅンンンン!!!!!!!!

と激しくお互いのおっぱい同士をぶつけ合った。

優亜「いいいいいいいいい!!??!」

梨華「がああああああああ!!?!?」

そのまま相手の肩をもって何度も何度もクロスカウンターを繰り返すようにぶつけ合う。
二人の意地の張り合いは相手を潰すことしか考えていないためどんなに自分が傷ついても相手を徹底的に潰し合う凄惨な死闘へと姿を変えてしまっていた。

バチンバチンと踊るように跳ねながら弾け合う二人のおっぱいは叩き付けられるたびに殆ど張りを失っていき、ぐしゃぐしゃにいびつな形へと変化をたどりながらお互いの乳肉を破壊し合っている。
ぶつかり合った時にしっかりと相手の乳肉を壊す感触を感じる喜びと自分の肉が削られていく痛みの両方を感じながら叩き付けあうスピードは益々勢いを増していく。
器官も当然無事なはずもなくガハァ!とうめき声をぶつかり合う度に上げてしまい苦しみで整った顔をくしゃくしゃにしながら相討ちを続けていく。

優亜「ごおおっ!??」

梨華「がぁああ!!!」

ぶつけ合っている途中に梨華の手が滑ってしまいお互いのおっぱいの弾力に弾かれる形で優亜は風呂の段差部分に、理香は湯船の中へと跳ね飛ばされた。
ぶはぁ!!と水中から飛び出る梨華と浴槽にもたれかかったまま息を整える優亜。
そのまま梨華は優亜に覆いかぶさるようにして身体を預けた。
一方優亜も受けて立つというように思いっきり胸をはりまだなんとか形を保っている自慢の巨乳を突き出して構えている。


ぷにいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!?!?!?!?!!?


梨華が上、優亜が下の形で二人の胸が潰れ合う。
上からの圧力を加えながら優亜の胸を圧迫する梨華とその圧迫を利用して梨華の背中に手を回し突き出した胸をより一層密着させてカウンターのように押し返す優亜。
鼻先をくっつけ合ったままうめき声を漏らしながら最後の圧迫対決が数分続いた。


………………………


梨華「うがあああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!?!?!??!?!」

浴室に響き渡る梨華の声。
相手の反撃が想像以上に激しく胸への痛みに耐えられず涙をぽろぽろ流しながら懸命にこらえようとしている。

優亜「……………あ…ああ………………あ…」

一方優亜は相手の圧迫に耐えられず殆ど声も上げられない状態。
二人の胸は穴の開いたボールのような状態で殆ど均等に潰され合っており大きさは互角だったようだが、優亜の胸は強みである張りが闘いで殆ど失われてしまい、舌の位置では梨華の胸との肉量の差で相手の胸を支えることができず完全に圧迫されてしまっていた。
やがて優亜が気を失ってしまい、優亜の身体にもたれかかる状態で締め付けをといた梨華だったが、こちらも満足に動くことができずそのまま眠りについてしまった。

翌朝同時に目覚めた二人は、完全勝利だと主張する梨華と体勢が不利だったと主張する優亜とで激しい口論が始まったが、どちらもダメージが大きすぎたため再戦は行われず体の痛みに耐えながらの帰宅となった。
その後、上司と部下の関係は変わらなかったが、理香の優亜への態度がさらに強くなり、パワーバランスを保つためそれを抑え込もうとする優亜とでますます複雑な関係が構築されていった。





スポンサーサイト
[PR]

[PR]





コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)
ジュビアをつかってレズバトルをやってほしいです!
できれば相手はルーシィで
2014/11/28(金) 18:07:06 | URL | byFT (#-) [ 編集]
Re: タイトルなし
ありがとうございます!
ルーシィはなんとかなりそうですがジュビアはいまいちキャラを掴めてないので難しいかもですが時間と余力があれば頑張ってみようとおもいます!

> ジュビアをつかってレズバトルをやってほしいです!
> できれば相手はルーシィで
2014/12/09(火) 22:32:22 | URL | byアニサン・フェリックス (#-) [ 編集]

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。