FC2ブログ
ガールズアンドファイト!!
~Written by Anisan Felix~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みんなで作る小説1-1
お疲れ様です。
なかなか投稿できず申し訳ないです。
とりあえず書き出し終わりましたのでよろしくお願いします。
最後に再びアイディア募集行うのでたくさんのご参加お待ちしてまーす!
先生「では今学期はこの人たちに委員長になってもらいます!」

生徒たち「はーい!」

ひかり女学院の二学年春のホームルーム。
クラス運営を円滑にするために委員長が決められ、メンバーはやはりというべきかまじめで実務をこなせる子達が選ばれた。
各委員が適宜決まる中、学級委員の選考だけは難航を極めた。
2年Bクラスの曽田杏と西里萌衣の二人はこの学年の中でもひときわまじめで責任感も強く、勉強もできておまけに巨乳美人と非の付け所がなくクラスの賛成票を二分してしまったのである。
一年からどちらも学級委員として活躍しており、このまま継続したかった二人もどちらも譲らず、結局両社が学級委員と風紀委員を兼任するという形で落ち着いたのだが、これが両者の仲を一気に険悪にしてしまうことになったのだった。

萌衣「曽田さんちょっと最近仕事しすぎじゃない?ちょっとは私のほうにも回してほしいんだけど。」

これは二人が学園内の廃棟の片付けにむかう途中の会話である。
働き者の二人は少しでもクラスのために働こうと一生懸命仕事をしていたのだが、不幸なことにお互いに仕事を奪い合ってしまう結果になってしまいフラストレーションをためてしまっていた。
必然的に二人の間でも会話が無くなってしまい、二人が揃うとクラスがピリピリした空気になってしまうため、お互いによくないと思い話し合いでの解決を図ろうとしたのだが…

杏「西里さんこそ頑張りすぎてるよ。ちょっとは私にも譲ってくれたらいいのに。」

萌衣「あの、なんていうかね、正直曽田さんが空回りしてる気がして、それで私もちょっと大変になっちゃってるんだよね。」

杏「えー!むしろ西里さんの何でも手を出すやつのせいでやりづらくなっちゃってるんだけど。」

ここでお互い顔をしかめて無言になり、少し睨むように見つめあっていると問題の廃棟の地下室にたどり着いた。ここの狭い本棚の通路に古い教科書や本を片付けるのが今日の仕事である、
どちらも自分のほうが仕事できるというのを証明してやると言わんばかりに熱心に片づけを始めた。
だんだんと熱が入り周りが見えなくなっていき、そばにある本を取ろうとしたところでお互いに同じ本をつかみ合ってしまった。

杏「ちょっと!これは私が片付けるんだから離してよ!」

萌衣「これは私が片付けるの!そっちが離して!」

「「むううううううううううううう!!!!!!」」

お互いに対抗心をむき出しにしてどちらも離そうとしない。
だがあまりに力を入れすぎたため、古くなっている本はその力に耐えきれず真っ二つに破れてしまった。

「「あー!何やってるの!」」

二人の声がはもる。
明らかに自分は悪くないというような言い方にむっとしてどちらも相手に怒りをぶつけ始めた。

杏「なにその私が悪いみたいな言い方!西里さんが意地張って離さないからでしょ!」

萌衣「私が悪いっていうの!?曽田さんが突っかかってくるのが悪いんでしょ!」

ついにイライラが爆発してしまいお互いに相手の腕をつかみ合ってしまい取っ組み合いになってしまう。
つかみ合いになった瞬間どちらもしまったと思ったがもう後に引くことができずもみ合いになる。

杏「だから私は西里さんと一緒なんて嫌だったのよ!私一人に任せてくれたらよかったのに!」

萌衣「私一人にやらせてくれたらどんなにましだったか!全部曽田さんのせいよ!」

杏「何よ!」

萌衣「何ですって!」

一度不満をぶつけあうともうどうにも止まらない。
お互いに相手を罵倒しあい取っ組み合いが終わらなくなる。
そうしてるうちにお互いの巨乳同士がぶつかり合ってしまった。

「「んあああああああ!!!!」」

ジャージに包まれた二人の巨乳が領域を奪い合うように激しく変形しながらぷにゅう、みゅううと潰し合う。
顔が真っ赤になるほどの気恥ずかしさを覚えながらもどちらも自分から胸を離そうとしない。

杏「もぉぉおお!!!なんで擦り付けてくるの!この淫乱風紀委員!」

萌衣「私が学級委員よ!そっちがやめてよ!この変態風紀委員!」

お互いにもう相手が学級委員だとは認めないと言っているかのように相手を風紀委員という言葉で罵り合い押し付けあう。
しかし相手の胸の柔らかさに感じてしまい、我慢できなくなった二人は

「「くいいいいいいい!!!!?!?!?」」

とっさに相手の股間に思いっきり膝蹴りを入れあってしまった。
二人の胸が邪魔をしあって下を覗くことができず、とっさの判断をとれず股間に二人の膝がクリーンヒットしてしまった。

杏「な、何するのよ!このバカ!」

萌衣「そ、そっちこそ!あほ!」

痛みでうずくまりたくなるが取っ組み合いの最中ではそうもいかず、相手を屈服させるしかないと膝蹴り合戦が始まってしまった。
泣きじゃくりながらがむしゃらに何度も何度も膝を蹴り上げ相手の股間を突き刺していき、足がガクガクト震えていく。
そして何度目かの膝蹴りで足がかくんと曲がってしまい二人の膝の皿同士が衝突事故を起こしてしまった。

萌衣「いい、いだああああいいいぃぃ…」

杏「ら、らめええええぇぇぇぇぇ…」

ぼろぼろになりながらも攻撃を続けたい二人は痛みがないほうの足を相手のスカートの中に突っ込むと股間の上に足を置き合い振動させるように震わせ始めた。

「「いあああああああああああああああああ!!!!!?!??!あっ!!?あっ!!?あっ!??」」

振動は二人の股間を感じさせるには十分であり二人のパンツを湿らせていく。
そのうち杏の上履きが脱げ、杏は足の指で萌衣の股間を鷲掴むようにして刺激し始めた。

萌衣「ありいいいいいいいいぃぃいぃいいいいい!!!?!?!やめええええぇぇぇえええぇぇ!!?!?!?」

萌衣が押され始め、まずいと感じた萌衣は自分も同じように上履きを脱ぎ指で杏の股間をつかもうとした。
すると親指と人差し指が何か突起のようなものを摘み

杏「ひぁあああああぁぁぁぁあああぁぁああああああああああ!!!?!?!?!?!?!?」

杏は今日一番の喘ぎ声をあげてしまう。
萌衣がつまんだのは杏の陰核でありその快感は凄まじいなどと言えるレベルではない。
しかしやはり今度は杏もやり返し、地下室では二人の喘ぎ声がエコーする。

「「ひぃぃぃいぃいいいいぃいぃいいいいいいいぃぃいぃぃいいぃいいいいいいい!!?!?!??!?ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!??!?!?!?!?!??!?!?!?!??!?」





















































とりあえず今回のあみだくじでの結果は、真面目な女子学級委員長と女子風紀委員長 場所:廃校の地下 胸の喧嘩から、巨乳同士、 互角電気あんま、性格:真面目、決着結果:非公開って感じです。

今回は決着以外でここから先の展開はどうなるのかを募集します。
乳相撲が始まる、本棚が倒れて下敷きに、などのような感じでお願いします。
今回はいただいたコメントから多ければ三つまであみだくじで無差別に選択しうまくまとめます。
いただいたコメントが三つ以下であればいただいたものをそのまま適用します。
締切はだいたい日曜日くらいでお願いします!
たくさんいただけると嬉しいです!


スポンサーサイト
[PR]

[PR]





コメント
▼この記事へのコメント<(あれば表示)
お疲れ様です。待ってました!
今回も参加させていただきます。

立ち手マン勝負

でお願いします。
2015/11/26(木) 12:42:20 | URL | byのなめ (#-) [ 編集]
あれをまとめるなんて凄いですね。

では誰かが通りかかったためロッカーの中に隠れたがお互いにロッカーの中で詰まって出られなくなるでお願いします。
2015/11/26(木) 22:03:48 | URL | by (#-) [ 編集]
キスの勝負もあるといいです
2015/11/27(金) 03:23:39 | URL | byあい (#-) [ 編集]
ロッカーが開かなくなって…ってもう出てた
2015/11/28(土) 04:04:35 | URL | by (#-) [ 編集]
太もも対決がいいです!
2015/11/28(土) 13:33:52 | URL | byすたーりん☆ (#-) [ 編集]
全裸になって、貝合わせと喰らいあい
2015/11/28(土) 17:34:28 | URL | byへへののもへ字 (#-) [ 編集]
貝あわせときす
2015/11/29(日) 23:48:27 | URL | byドラえもん (#-) [ 編集]
シックスナイン
2015/12/23(水) 17:59:08 | URL | by (#-) [ 編集]

■ コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL

▼この記事へのトラックバック(あれば表示)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。